野菜ジュース

野菜ジュースは体の調子を整える

体の調子を整える

普段、野菜が不足していると体の調子が悪くなります。
野菜が不足すると、まずお肌が荒れます。
お肌は基本的にビタミンやミネラル、アミノ酸などに
守られているのですが、野菜が不足すると
ビタミンなどが不足します。


肌荒れが目立つようになり、ストレスがたまると活性酸素によってビタミンなどが壊されていきます。
すると、肌荒れが促進されてしまいます。

次に、野菜が不足すると便秘になります。
野菜には基本的に食物繊維が含まれているので、その食物繊維が排便をしっかり助長してくれます。
排泄物を食物繊維によってしっかりほぐしてくれるため、硬い便も出なくなるのです。
しかし、野菜が不足すると食物繊維が不足するためにどうしても便が出なくなります。

そして野菜が不足すると便秘だけでなく、イライラしやすくなります。
野菜に含まれるビタミンやリン、鉄分によって血中の活性酸素を中和してくれるのですが、
それができなくなってしまうと必然的にイライラが増してしまいます。

野菜をとらないとどうしても体の中がオイルっぽくなってしまい、体臭にも表れてくるケースがあります。
よってそうならないためにもしっかり野菜をとることが求められるのです。

野菜をとるとき、やはり普段の食事でしっかり摂取できればいいですが、
なかなか時間がない方は野菜ジュースでしっかり野菜を補いましょう。
特に、肌荒れが気になる方はフルーツが多く含まれている野菜ジュースを選びます。

そしてストレスなどをしっかり解消したい方は、緑黄色野菜が多く含まれる野菜ジュースを選びましょう。
緑黄色野菜にはリンや鉄分が多く含まれているために、しっかり活性酸素を吸収してくれます。

最後に、便秘を解消するためにはゴボウやバナナ、海藻などさまざまなものが含まれている
野菜ジュースを選ぶといいです。特にバナナは排便を促進してくれる効果があるので、
野菜ジュースだけでなくスムージーなども飲んでいくと効果が出てきます。

飲みやすい野菜ジュース

飲みやすい野菜ジュース

昔はあまり野菜ジュースは飲みにくいものとして、
なかなか好かれませんでしたが、最近は
どんどん飲みやすいものが増えています。
飲みやすい野菜ジュースとして挙げられるのは、
次の2つです。



  1. 塩分が含まれていないもの
  2. どろっとしていないもの
  3. すっぱかったり甘すぎたりしないもの

まず@ですが、塩分が含まれているということは必然的にコレステロールが高いということになります。
また、飲みやすさで考えると、よくトマトジュースなどに塩分が含まれているものが昔流行りましたが、
好き嫌いがかなり分かれるのと、飲みにくい、まずいという声も多いです。
最近はトマトジュースでもしっかりしぼりたてで、塩分が含まれていないものも出ているので
そういったものを選ぶといいでしょう。

また、Aのどろっとしていないものですが、基本的に野菜ジュースは素材の感じを生かして
少しどろっとしていることがあります。
しかし、その場合なかなか缶ジュースなどで買ってしまうとかなり飲みづらくなってしまい、
毎日の野菜ジュース生活がうまく保てなくなってしまうこともあります。

さらっとしているものは、人参や緑黄色野菜を含んでいるものが多いです。
トマトやバナナが含まれている場合は、少しどろっとすることもあるので見極めてみましょう。

Bの酸っぱかったり甘すぎたりしないもの。
ですが、基本的に最近の野菜ジュースは飲みやすくなっており、すっぱいフルーツなどが入っていても
糖分で甘くしてある場合が多いです。

しかし、買う前にしっかり裏の糖分を確認してビタミンやカリウム、アミノ酸などよりも
含有量が多いようであれば注意してください。
最近は糖分で飲みやすくなっている分、糖分のとりすぎとなる場合もあります。

また、酸っぱすぎるものは基本的にビタミンがたくさん含まれているというコンセプトで作られていますが、
飲むのに苦労するものも多いです。

ぜひ、ご自分が飲みやすいもの、そして糖分や塩分の含有量もしっかり見ながら探してみてください。

野菜不足には野菜ジュース

野菜ジュースはかなり野菜不足を解消し、体を整えることに対して絶大な影響を与えます。
最近では野菜不足を解消するために、実にさまざまな野菜ジュースが出ており、
一日に摂取すべき野菜の量を含んでいる野菜ジュースや、紫色の野菜を取り入れているもの
そしてビタミンを主にとるために、フルーツを中心につくってあるものなどがあります。

紫の野菜をメインにしているものは、体内のアンモニアなどをしっかり排泄するため、
比較的ポリフェノールをしっかり含んでいるものが多くなっています。

美肌にも効果があるといわれ、女性を意識していることが多く、
ダイエットにも使える代謝をよくするものが多くなっています。
主に紫の野菜は、紫キャベツや紫いも、ナス、ブルーベリー、ざくろ、ビートなどを
しっかり含んでいて比較的飲みやすいものが多いです。

1日分の野菜がとれるものとして、用意されている野菜ジュースは
「1日で摂取するべき野菜がとれる」というよりは「1日で摂取すべき栄養分がとれる」
ということをコンセプトにおいています。比較的添加物なども少ないために、
安心して飲めるようになっています。

もともと、人間は1日だいたい350g以上の野菜をとるといいといわれていますが、
今の生活ではなかなか難しいのが現状です。サラダやおひたしなど毎食ちょこちょことっていても、
とても350gの野菜はとることができません。そんなときに補うために必要なのはこの野菜ジュースです。


野菜不足

野菜ジュースと併用して、うまく野菜をとっていくと
体の調子がよくなります。
特に野菜には基本的にビタミンやミネラルなどが
多く含まれていますが、もっとも食物繊維が
大切な要素です。しっかり便秘などを解消してくれ、
体の毒素などを外に出すことによって体のバランス
が整えられ、栄養分も吸収されるようになるのです。

しっかり野菜ジュースととりながら、野菜も日々の食生活で取り入れていくことによって、
体の調子がかなり良くなることが確認されていますので、ぜひ試してみるといいでしょう。

おすすめの野菜ジュース

おすすめ

野菜ジュースはさまざまな種類があり、
どれを飲んでいいのか迷ってしまう人も多いはずです。
今回は、多くある野菜ジュースの中で
用途別にどのジュースを摂取したらいいのかご紹介します。

まず、比較的飲みやすいものはこちらです。

「野菜生活100」
カゴメが出している野菜ジュースです。
しかし、栄養分的に見るとビタミンはなんとビタミンKしか含まれていません。
通常なのであればビタミンCやD、Aなどがしっかり含まれていることが普通なのですが、
この野菜ジュースはなんとビタミンは1種類しか含まれていないのです。

これはなんだかだまされた気分です。
さらに、食物繊維の値を見ても1パックで1グラム程度しか含まれていません。
飲みやすい分、糖質が多いのも特長です。
あまり飲み過ぎてしまうと糖分の過剰摂取になってしまいますので、注意してください。

野菜1日 これ一本
これもカゴメから出されているものです。
上記の野菜生活には含まれていないビタミンE、鉄、リコピン、ポリフェノール
が含まれていることが大切です。
リコピンやポリフェノールは主に紫や赤い野菜に含まれていることが多いです。
この野菜生活にはトマトが含まれており、若干トマトが苦手な方には違和感がある味かもしれませんが、
トマトの臭いや味をうまく緩和させようとしているので、従来のトマトジュースよりは飲みやすくなりました。

さらに、同じカゴメから出している「野菜生活100」のシリーズで紫の野菜を集めたものや、
フルーティーサラダというビタミンCやAをうまく摂取できるように作られた野菜ジュースがあります。

この野菜ジュースの特長は、かなり飲みやすくお子様でもしっかり飲めるということが
親御さんの間でも評判が高くなっています。しかし、これで安心してしまうといけません。
ビタミンだけでなく私たちは1日の間で食物繊維もとらなければいけません。

食物繊維をしっかりとるために、よく野菜ジュースを使いますがこういった飲みやすい野菜ジュースでは
1日の推奨食物繊維摂取量に達しないものが多いです。

野菜ジュースも成分をしっかり見て、食物繊維量が多く含まれているものと
併用して飲んでいく必要があるのです。

更新履歴


このページの先頭へ戻る