野菜ジュースをつくる

野菜ジュースは手作りできる、と聞くと「難しそう」「特殊な何かがないとできないのでは?」
と思う人が多いかもしれません。
しかし、野菜ジュースは実は手作りしたほうが保存料なども含まず、栄養満点のものができる
ことが多いのです。
今回は、野菜ジュースを簡単につくってしまう方法をご紹介していきます。

ひたすら野菜の汁をしぼる

まず、野菜ジュースを作るには野菜のエキスを絞ることが必要になってきます。
そんなとき、さまざまな野菜からエキスを絞ることができるのです。

  • ホウレンソウ・・・少ない水でゆでるとエキスがでます
  • しょうが、人参、ナス・・・刻んで、これもお湯を通します
  • フルーツ・・・これは絞り器でしぼります
  • トマト・・・皮はむいておいてつぶします
  • 春菊や小松菜・・・すりこぎでつぶしながら、水も一緒に加えながらジュースにします

こういった方法を使うとなんでもつぶすことができ、
これらをミキサーに入れてしっかり混ぜるとジュースになります。
甘味などが足りない場合は、水に少しとかしたはちみつを入れると味が緩和されます。


野菜ジュースのようなスムージーにする

まず、自分が一番入れたい野菜やフルーツを冷凍しておきます。
冷凍しておいたら、がりがりになるのでそれを今度はすりおろし器でしっかり粉々にします。
粉々にしたらまた冷凍します。

すりおろしているときに少し解けてしまうかもしれませんが、
また冷凍すると氷のかたまりになります。
それを口の中に入れて溶かしながら食べるとアイスキャンデーになります。
また、シャリシャリさせるとスムージーにもなりますので、ぜひ試してみるといいでしょう。

こういったものを作ったら保存すると思いますが、
基本的に冷蔵ではなく冷凍保存しておくと1週間くらいは持ちますので、
いろいろな種類をつくっておくとおもてなしのときにも使うことができます。
ぜひ試してみてください。

野菜ジュースを作る


このページの先頭へ戻る