野菜ジュースの飲み方

野菜ジュースの飲み方といっても「ただ飲めばいいのでは?」と思う人が多いと思います。
しかし、野菜ジュースはある時間に飲むと効果を発揮するケースがあり、
それを覚えておくだけでかなり体の調子がよくなります。
今回は、野菜ジュースの摂取の仕方についてご紹介します。

野菜ジュースは朝晩に飲む


野菜ジュースを飲むとき、ご飯と一緒に飲んだら効果があるのでは?と思う人が多いですが、
実は野菜ジュース単体で言えば、ご飯を食べていない時がいいのです。
ご飯と一緒に野菜をとる場合は、しっかりそのままのサラダや煮物を摂取し、
朝などあまり食事量が多くないときに、野菜ジュースをとりましょう。

野菜ジュースを朝に飲むと、ビタミンや食物繊維が起きたての体に浸透し、
しっかり1日の糧になってくれます。特に食物繊維は1日の腸の調子を整えてくれますので、
朝に摂取しておくとかなり便秘解消などには効果が出てきます。

また、夜に摂取するのも同じで、夜にビタミンを摂取すると
そのビタミンがお肌のきめ細やかさやハリ、ツヤに影響してきます。
そして寝ている間にしっかりお肌を整えてくれるのです。
また、食物繊維も腸の中でしっかり働き、朝にスッキリ排便があるように調整してくれます。

大量摂取しない


野菜ジュースを飲む時は、あまり大量には摂取せず少しずつ摂取してください。
いきなり飲むと糖分や脂質、そしてタンパク質などが一気に体に蓄積されやすくなりますので、
あまりよくありません。少なくとも1回1本飲むように心がけ、1日に分けて飲むことをお勧めします。

同じ野菜ジュースをまずは飲み続ける


自分に合っている野菜ジュースは体にいい影響を及ぼしてくれます。
複数の野菜ジュースを飲んでしまうと自分に合わないものが判断できないので、
まずは1種類の野菜ジュースでしっかり試してみることをおすすめします。

こういった摂取方法でまずはしっかり野菜を体に入れることを心がけましょう。

このページの先頭へ戻る