野菜ジュースで口内炎治療

口内炎って一回なるとなかなか治らないし、ビタミン剤や薬を使っても全然効果がない・・・
と悩まれている方多いのではないでしょうか。

実は、口内炎というのは胃腸の炎症や疲れからくるものであり、いくらその傷を外から修復しようとしても、
体内の状態がよくならない限りは傷がよくなりません。

そんなときに使いたいのが野菜ジュースです。
実は口内炎の原因はビタミンBやDが不足することによって傷の修復機能が弱くなり、
炎症を起こしてしまいます。
また、胃腸に栄養分が足りないと口の中が清潔に保たれないので、炎症を起こしたりします。

ストレスや疲れが積み重なると、ビタミンB2が少なくなるので傷の修復機能がなくなるだけでなく、
歯茎や舌、唇などに栄養が行き渡らなくなり、外からの刺激にも弱くなります。

そもそも免疫力が弱るとまず胃腸に出てきますので、
一気にその免疫力の低下に対応しようと栄養素が抜かれてしまいます。
すると、肌の炎症には栄養素が使われなくなってしまうので、
ニキビや口内炎などが起きやすくなるのです。

今でてきたキーワードの「栄養」という観点で見ていくと、
必然的に野菜ジュースを摂取するとビタミンや必要な栄養素がしっかり補給できて、
口内炎の原因となる栄養不足を解消してくれます。

そもそも、野菜ジュースにはビタミンCとB、Aが豊富に含まれており、
それ以外のものは少なくても、前者の3つは体の調子を保つことにも使われるだけでなく、
体の抵抗力をアップさせる効果があります。

さらに、抵抗力だけでなくビタミンはお肌をつるつるに保ち、外的刺激から守る効果もあります。
野菜ジュースは毎日定期的に飲むのがおすすめですし、
あえてしみるかもしれませんが野菜ジュースのエキスを口内炎にかけるように口に含んで飲みましょう。

飲んだ後はすぐに歯磨きをしないようにし、少しビタミンや栄養素を口に行き渡らせてから
歯磨きをするようにするといいでしょう。
毎日野菜ジュースを飲んでおくと、いざというときに免疫力が高められ口内炎の予防にもなります。

このページの先頭へ戻る