前へ
次へ

国民皆保険で安心医療

病院で治療してもらったときに患者さんが払う金額は治療費の一部、1割から3割ほどです。これは国が所管している公的医療保険で治療費を補填してくれるからで、日本ではすべての国民が何らかの医療保険に加入する、皆保険制度をとっています。保険制度がなかったら治療費が負担となって十分な医療を受けられず、更には生活が破綻することがあるかもしれません。私達の生活を守ってくれる公的保険制度ですが、すべての医療を対象としているわけではありません。国から認可されていない最新の治療法や薬は保険対象外ですし、美容に関する治療も対象外のものがあります。治療費以外でも、入院したときに個室を希望すると大部屋との差額は自己負担です。そんなのおかしいと考える人もいるかもしれませんが、国民すべてを守るための保険制度ですから、必要以上に使う人がいることによって破綻しては困りますから、未来へずっと続くように一定の歯止めをかけているわけです。

Page Top